カルニチンのダイエット効果の真実

カルニチンはダイエットに効果がある成分だと一般的には知れ渡っています。カルニチンには脂肪を燃焼させる効果があり、体脂肪を減らすというわけです。

しかし、カルニチンを摂取しても、体重が減るような効果をあまり実感できないのが正直なところではないでしょうか。

カルニチンの脂肪を燃焼させる効果について、本当のことを言えば、カルニチンのサプリにはこのような効果はありません。

厳密に言えば、体内で働くカルニチンはエネルギー代謝に関わる成分です。ミトコンドリアがエネルギーを生成するのを助ける成分の1つがカルニチンだからです。

体内で働くカルニチンには脂肪燃焼効果があるわけですが、サプリメントとしてのカルニチンには脂肪燃焼効果はありません。

その根拠として、「過体重の成人35名にカルニチンを8週間摂取させたところ、体格 (体重、体脂肪率、BMIなど) に影響が認められなかった」という試験結果があるからです。

このように、サプリメントとしてのカルニチンの脂肪燃焼効果のイメージは、単にテレビなどが植え付けたイメージに過ぎません。

ダイエットサプリで「メラメラ成分のカルニチンを配合」などとよく見かけますが、少なくとも配合されているカルニチンには何らダイエット効果はないものと思って間違いありません。

αリポ酸やアミノ酸などもそうですが、ダイエット効果があると言われている成分でも、実際には全く効果がないものは非常に多いです。