ダイエットスープで脂肪は燃焼するのか?

7日間脂肪燃焼スープダイエットなど、ダイエットスープを飲んで脂肪が燃焼するというのははっきり言えば嘘です。食べれば食べるだけ痩せるというのは間違いなのです。

なぜ、ダイエットスープを飲んでも脂肪が燃焼しないのかというと、そもそも野菜には脂肪燃焼効果がないからです。

「野菜を食べると脂肪が燃焼するので、しっかり野菜を食べましょうね。」なんて野菜を勧められた経験なんて今までないでしょう。

単品で食べても脂肪が燃焼しない素材を、スープでぐつぐつ煮込んだから脂肪燃焼効果が生まれる、というのは普通に考えてもおかしいと思うはずです。

ダイエットスープは脂肪を燃焼させるというより、カロリー制限を行うために飲むものです。脂肪燃焼スープを飲んで痩せる人がいる理由も、カロリー制限が成功したからにすぎません。

ゆえに、ダイエットスープは単なる置き換えダイエットの1種ですが、だからと言ってダイエットスープが全く意味がないダイエット方法だというわけではありません。

野菜をたくさん入れたダイエットスープは、スープを飲むだけでなく野菜ごと食べると食物繊維をたくさん補えます。食物繊維を摂取すれば便秘改善効果を期待できます。

ただ、ダイエットスープを置き換えダイエットに利用する場合は、改善すべき欠点(ダイエット効果を上げるポイント)があります。

その欠点とは、ダイエットスープでは全くたんぱく質を補えないことです。

たんぱく質には食欲抑制効果があるので、ダイエットスープにたんぱく質を加えることで、食べた後の満足感が何倍にもグレードアップします。

また、たんぱく質は筋肉を作る材料でもあるため、ダイエット中に減りがちな筋肉の減少を緩和させる効果も期待できます。

たんぱく質を加えるには、脂身のない肉を入れるようにしましょう。たんぱく質を補うために脂肪を多量に摂取してしまっては意味がない(逆効果になる)からです。