ヨーグルトダイエットの効果は?

ヨーグルトダイエットにどんな効果があるのかと言えば、まず便秘を改善させる効果です。

ヨーグルトダイエットとは食事をヨーグルトに置き換えたり、食事に加えてヨーグルトを摂取したりするダイエット方法です。

ヨーグルトは整腸作用があると言われる食品の代表格なので、食べると腸内環境を整えて便秘を改善させるわけです。

ただ、ヨーグルトには動物性脂肪という腸内環境を悪化させる成分も含まれており、人によってはヨーグルトを食べても便秘に全く効果がないという場合もあります。

腸内環境は腸内善玉菌と腸内悪玉菌がどの程度の割合で存在するかで決まります。腸内善玉菌が多いと腸内環境が良いということで、腸内悪玉菌が多いと腸内環境が悪いということです。

ヨーグルトにはビフィズス菌などの乳酸菌と、これら(乳酸菌)が生産する酸っぱい成分が含まれています。乳酸菌や酸っぱい成分が悪玉菌の数を減らすため、ヨーグルトに整腸作用があるというわけです。

ただし、ヨーグルトには乳脂肪という動物性脂肪が含まれています。動物性脂肪を摂取すると腸内悪玉菌を繁殖させるので、これが腸内環境を悪化させる要因になります。

霜降り牛の脂を想像すると動脈硬化を引き起こす原因になるなど体に悪いことは容易に想像できると思いますが、乳脂肪はまさに霜降り牛の脂そのものです。

このように、ヨーグルトには腸内環境を改善させる効果と、腸内環境を悪化させる逆効果が両方存在するわけです。

ヨーグルトを食べても便秘が改善しない人の場合、乳脂肪の悪影響が乳酸菌の効果を打ち消したというわけです。

ヨーグルトを置き換えダイエットに利用する場合、痩せる効果として期待できるのはカロリーを制限できることです。他の置き換えダイエットと同様に、制限したカロリーの分だけ痩せることができます。

なお、ホットヨーグルトダイエットというものもあり、これはヨーグルトを温めて摂取するというダイエット方法です。

冷たいものを食べすぎるとお腹が冷えて脂肪をため込みやすくなるところ、温めて摂取すると脂肪をため込みにくいというわけです。

しかし、冷たいものを食べると脂肪をため込みやすいというのは非科学的であり、そのような事実は全くありません。

ホットヨーグルトも冷たいヨーグルトも効果は変わらないというわけです。