乳酸菌サプリの効果

乳酸菌サプリにはどんな効果があり、どんなしくみからダイエットに役立つのでしょうか。また、乳酸菌サプリと食物繊維やオリゴ糖との効果の違いも解説します。

まず、乳酸菌サプリは腸内環境を整える効果を持つサプリです。人の腸内には乳酸菌(ビフィズス菌も乳酸菌の一種)と悪玉菌などが存在しています。

乳酸菌が多い腸内環境だと健康維持に有利になり、悪玉菌が多い腸内環境だと病気になりやすくなります。

便秘も腸内環境の悪化が一因なので、腸内環境が整えられれば便秘も改善します。

そこで、乳酸菌を摂取して直接腸へ送り届けようと考案されたのが、乳酸菌サプリです。

乳酸菌サプリを摂取すると、一定のレベルで腸内環境は改善します。ただ、乳酸菌サプリの効果は一時的なものであり、飲まなくなればすぐに効果を失います。

その理由は、外から取り入れた乳酸菌は人の腸内に定着しないからです。ただ、一時的に腸内環境を整える効果があるのも事実です。

腸内環境を整える成分には、乳酸菌以外に食物繊維やオリゴ糖があります。

食物繊維とオリゴ糖は、腸内にすでに生息している乳酸菌を増やす効果を持ちます。すでに腸内で活動している乳酸菌のエサとなるからです。

その点、定着しにくい乳酸菌サプリを補うより、食物繊維やオリゴ糖ですでに定着している乳酸菌を増やした方が効率が良いとも言えます。

乳酸菌が腸内環境を整えると言っても、乳酸菌が直接腸内環境を整えるわけではありません。乳酸菌が活動する際に生産する短鎖脂肪酸という酸性の成分が効果を発揮するのです。

体に悪さをする悪玉菌は、酸性の腸内環境だと数を減らしていきます。

乳酸菌が生産した短鎖脂肪酸は酸性の成分であり、これがどんどん生産されることで腸内環境を酸性に変化させるので、悪玉菌が減って腸内環境が整えられるわけです。

例えば、酵素ドリンクのような発酵飲料の場合、ドリンクの液体の中に短鎖脂肪酸が含まれています。乳酸菌が発酵を行うので、発酵が進むほどドリンクの中に短鎖脂肪酸が溶け込むからです。

よって、酵素ドリンクのような発酵飲料を摂取することは短鎖脂肪酸を摂取することとイコールなので、腸内環境を整える効果があるわけです。

また、短鎖脂肪酸にはダイエット効果があります。短鎖脂肪酸が交感神経にあるGPR41を活性化し、交感神経活性化によってエネルギー消費が増えるからです。

これは人間の体重調整システムの1つのしくみでもあります。酵素ドリンクのダイエット効果(代謝を上げる効果)の根拠の1つに短鎖脂肪酸が関係しているわけです。