脂肪燃焼サプリは効果なし?

脂肪燃焼サプリにはダイエットの効果がないと考えておくべきでしょう。飲むと本当に脂肪が燃焼するのか、といえば脂肪は燃焼しないからです。

脂肪燃焼サプリの成分としては、L-カルニチンやαリポ酸、コエンザイムQ10、アミノ酸(またはBCAA)、カプサイシンなどがあります。

脂肪燃焼サプリが脂肪を燃焼させない一例を挙げれば、L-カルニチンを飲んでも脂肪が燃焼しない事実です。

テレビなど一般的には、L-カルニチンには脂肪燃焼効果があると言われていますが、科学的には効果がないことが実証されています。

「過体重の成人35名にカルニチンを8週間摂取させたところ、体格 (体重、体脂肪率、BMIなど) に影響が認められなかった」がその試験結果です。

アミノ酸サプリやBCAAに関しては、飲んだだけでは脂肪は燃焼しません。飲んでから
運動を併用することで初めて効果を発揮します。(と言っても、スズメの涙ほどの効果ですが…)

アミノ酸やBCAAには運動パフォーマンスを高める効果が少しあります。

上がった運動パフォーマンスを利用して、運動を今までより長く行えば(今までより強い強度で行えば)、運動時間が長い分だけ(運動強度が強い分だけ)多くカロリーを消費します。

アミノ酸やBCAAを飲んでも今までと同じ運動を行っていたのでは、全く効果がないわけです。

また、アミノ酸やBCAAよりも、プロテインやたんぱく質の方が運動パフォーマンスを高める効果は大きいです。

カプサイシンのように脂肪燃焼効果はあるけど、飲んでも飲まなくても変わらない程度の効果しかない成分もあります。

脂肪燃焼サプリでカプサイシンを補い、脂肪が0.1g減ったとしても全く意味がありません。脂肪燃焼サプリの効果などこの程度のものです。