豆乳おからクッキー(プリムラ)

プリムラの豆乳おからクッキーはおからを主原料に作られたダイエットクッキーで、おからは国産原料が使用されています。また、使用原料の1つの豆乳についても有機豆乳が使用されています。

プリムラの豆乳おからクッキーに近いダイエットクッキーとしては、ホオリイの豆乳おから100%クッキーがあります。これら2つを比べてみます。

プリムラの豆乳おからクッキーの原料は、「おから(国産大豆)、無塩マーガリン(乳脂配合コンパウンドタイプ)、有機豆乳、砂糖、鶏卵」です。

ホオリイの豆乳おから100%クッキーの原料は、「おから・豆乳・卵・甜菜糖・植物油脂・低トランスマーガリン・グルコマンナン・(黒ゴマ・コーヒー・ココア・抹茶)」です。

まず、食感を比較すると、ホオリイの方は前歯で噛めないほどの硬さがあるのに対して、プリムラの方はまだ噛める硬さです。

歯の治療をしている人はプリムラの方がよいと思いますし、ダイエットクッキーに硬さを求める人はホオリイの方がよいと思います。

ちなみに、ダイエットクッキーが硬いことのメリットは、よく噛むことで食欲が低下することです。

次に、味を比較すると、プリムラの方が甘さが強く、ホオリイの方が甘さ控えめで素朴な味です。両者の甘さの違いは糖質の配合量もあると思いますが、1つの理由に使用している糖質の違いもあります。

プリムラの方が砂糖を使用しているのに対して、ホオリイの方は甜菜糖を使用しています。甜菜糖は5%ほどオリゴ糖を含み、オリゴ糖には甘さがほとんどありません。

オリゴ糖は甘さを感じない糖質である代わりに、消化吸収されずに腸まで届くので腸内環境を整える効果があります。

腹持ちを比較すると、ホオリイの方が食べた後にお腹がすきにくいと思います。

その理由はまず、ホオリイの方が硬いのでよく噛むこと、次に、水を含むと数十倍に膨らむグルコマンナンが配合されていることが挙げられます。

カロリーについては、プリムラは1枚8~9gで約27kcalであるのに対して、ホオリイは1枚約7gで約26kcalです。1g当たりのカロリーはどちらもほぼ同じです。

クッキーを焼くには原料にバターかマーガリンが必要ですが、プリムラもホオリイもマーガリンを使用しています。

しかし、マーガリンはトランス脂肪酸を多く含むため(マーガリンはバターよりトランス脂肪酸を3.6倍多く含む)、正直言って健康に良いとは言えません。

トランス脂肪酸には悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らす作用があるからです。トランス脂肪酸は動脈硬化を招く原因になると言われています。

この点、ホオリイは低トランスマーガリンを使用しています。もちろん、バターを使うのがベストではありますが、コストを考えると不可能なので仕方がないとは思います。