酵素断食の効果を上げるには?

酵素断食をしても体重があまり減らなかった場合、考えられる原因は酵素断食のやり方が間違っているか、酵素断食の際に補う酵素ドリンクに問題があったかです。

ご存じの通り、酵素断食とは酵素を補いながら行う断食です。断食中に酵素ドリンクで酵素を補うことで、代謝の低下を防ぎながら体重を減らしていく方法です。

この酵素断食の効果を最も左右する要素としては、補う酵素ドリンクの品質が挙げられます。断食中に補う酵素ドリンクが質の悪いものであった場合、酵素断食の効果が減るわけです。

基本的に断食は基礎代謝を大幅に下げてしまうダイエット方法であり、体重を減らす効果は大きくてもダイエット後にリバウンドで体重を戻す可能性が一番高いダイエット方法でもあります。

普通の断食ではなく酵素断食を行うメリットは、断食によって(厳しすぎる食事制限によって)基礎代謝を下げてしまうマイナスの要因を緩和させることです。

ただ、断食中に飲む酵素ドリンクは何でもよいのかというとそうではなく、酵素ドリンクに含まれる酵素数が大変重要になってきます。

酵素ドリンクの代謝を上げる効果は、酵素ドリンクに含まれる酵素数に比例するからです。

例えば、市販の酵素ドリンク中で一番酵素数が多いベルタ酵素(酵素数=508種類)で酵素断食をした場合、代謝を上げる効果はかなり期待できます。

断食の代謝を下げるというマイナスの要素を緩和させる効果に焦点を合わせた場合、酵素数が多い酵素ドリンクで酵素ダイエットをすることがかなり重要になるわけです。