酵素は便秘に効果がある?

酵素には便秘を改善させる効果があるのでしょうか。実際のところ、酵素それ自体には便秘改善の効果はありません。酵素には整腸作用がないからです。

しかし、酵素ドリンクには便秘を改善させる効果があります。酵素ドリンクが酵素を含む飲料であることと同時に、乳酸菌を含む飲料でもあるからです。

便秘の最大の原因は腸内環境の悪化です。腸内環境が悪化することで腸の便を押し出す蠕動運動が鈍ってしまうことが便秘の原因になるのです。

そこで、腸内環境を改善させることが便秘の改善につながるわけですが、腸内環境の悪化とは腸内善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)が減って腸内悪玉菌(ウェルシュ菌など)が増えることです。

腸内善玉菌が多い腸内環境では腸内は酸性に傾きます。腸内善玉菌が活動することで酸性の成分を生成するからです。(乳酸菌によってヨーグルトが酸っぱくなる理由もコレ)

酸性の環境下では悪玉菌が生きられないため、腸内環境が酸性に傾くと悪玉菌の数が減ります。

要するに、善玉菌を補って腸内を酸性の環境へ改善させ、悪玉菌の数を減らすことが腸内環境の改善につながります。

酵素ドリンクには乳酸菌が多量に含まれています。酵素ドリンクに含まれる多量の乳酸菌が腸内環境を改善させ、その結果として便秘の改善に役立つわけです。

あと、酵素ドリンクには食物繊維やオリゴ糖が配合された製品もあります。こういった製品は食物繊維とオリゴ糖の便秘改善効果がプラスされるため、便秘改善効果はさらに確固としたものとなります。