酵素玄米とは何?効果は?

酵素玄米とは材料に玄米と小豆と塩を用意し、これを炊飯器や圧力鍋で炊いたのち、炊飯器の保温機能で3日ほど保温させて熟成させたご飯を言います。

酵素玄米の作り方は次の通りです。

1.玄米をといだのち、小豆を加えて一晩水につけておく

2.水を多めに入れて炊飯器などでご飯を炊く

3.炊き上がったら1日に1回程度混ぜながら保温機能で3日寝かす

こうして3日間の寝かしが終わったものを酵素玄米と言いますが、この酵素玄米の効果やメリットはいったい何なのでしょうか?

まず、普通の玄米よりも酵素玄米の方がもちもちの食感が得られて食べやすいようです。

ただし、玄米は炊飯器の保温機能で何日も寝かせると臭いがしてきます。ストレートに言うとくさいわけですが、玄米がにおってくる原因は雑菌が繁殖するからです。

普通の白米の保温機能で寝かせると実際に玄米に雑菌が繁殖してくるので、この臭いが酵素玄米の効果の証しだと思って食べると痛い目にあいそうです。

玄米を保温する場合は玄米用の炊飯器の保温機能で保温する必要があります。玄米用の炊飯器だと臭いが発生することはありません。

酵素玄米の効果についてですが、酵素と名が付いているだけで保温した玄米に酵素が発生しているわけではありません。

よって、酵素の何か特別な効果を得られると考えている場合、何ら特別な効果は得られないので期待しても無駄です。

玄米は栄養価が高いので体には良いです。玄米を食べる(玄米の栄養を摂取する)という意味においては、酵素玄米は体によいと言えます。