スーパー酵素

スーパー酵素は米ぬかを主原料とした酵素食品です。スーパー酵素の原料は米ぬか、米胚芽、米酢、もち粉、にんにく、麹菌の6種類です。

玄米が体によい健康食品であることは誰でも知っていることですが、米ぬかとは玄米を白米へ精米する時に削る外皮のことです。この外皮の部分にかなりの栄養が含まれています。

そのため、米ぬかを主原料としたスーパー酵素は、栄養的には玄米を食べるのと同じような健康効果を期待できると考えられます。

スーパー酵素は粉末タイプの酵素食品が小袋に小分けされていて、1袋に2.5g入っています。1日の目安量は1~2包(2.5~5g)です。

米ぬかは食品としては非常に健康によいです。ビタミンB1が白米の約20倍、食物繊維もほうれん草の約10倍含まれています。

ただ、スーパー酵素の1~2包(2.5~5g)分の栄養素は思っているほど多くないです。

例えばビタミンB1では、スーパー酵素100g当たりの含有量が0.60mgであり、2包(5g)を摂取しても補える量は0.03mgに過ぎません。(※ビタミンB1の1日所要量は男女平均で1.23mgです。)

食物繊維については、スーパー酵素100g当たりの含有量が3.83mgです。2包(5g)分では0.19mgとかなり微量です。

1日に補うべき食物繊維の摂取目安量が約20gであることを考えると、かなり微量な数値となります。

麹菌という整腸作用を期待できる原料が配合されている点は良いと思います。