日本酵素

日本酵素は56種類の野草、野菜、果物を発酵熟成させた酵素食品です。日本酵素は酵素サプリではなく、ねりタイプの酵素食品となっています。

言い換えれば、日本酵素は味噌のような食品に近いイメージです。

日本酵素の原料としてはアカザや赤芽柏、甘茶ヅル、イチョウの葉などの野草、カブやキャベツなどの野菜、パイアップルやパパイヤなどの果物が配合されています。

発酵にはオリゴ糖と黒糖、ショ糖が使用されています。

日本酵素のカロリーは100g当たり218kcalです。カロリーから考えると、糖類の使用割合はそれほど多くないと言えます。

カロリー換算で原料のうちの糖類の割合が約半分で、残りの約半分が野草や野菜、果物などの酵素原料だと推測できます。

酵素数はそれほど多くないのですが、ねりタイプの酵素食品であることと酵素原料の使用割合が比較的多めなことから、健康維持に貢献しやすい酵素食品だと言えます。

日本酵素はねりタイプの酵素食品なので体に対する有用菌が残っていやすいこと、そして成分のオリゴ糖が整腸作用を持つこと。これらの要素から、腸内環境を整える効果は期待できそうです。

味噌が体によい健康食品であることと同様に、味噌と同じようなねりタイプの健康食品なので同様の効果を期待できる(さらにオリゴ糖がプラスアルファ)というわけです。