飲む生酵素

飲む生酵素は150種類の野菜や果物、野草の発酵エキスを配合した酵素ドリンクです。しょうがや桑の葉、オオバコ、高麗人参などダイエットや健康に配慮した成分が配合されています。

その他、飲む生酵素には栄養機能食品としてビタミンB1が0.3mg配合されています。ビタミンB1は炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB1の1日当たりの所要量は男性で1.36mg、女性で1.10mgです。よって、飲む生酵素を1杯飲むとビタミンB1を1日所要量のおよそ3分の1補えるということになります。

飲む生酵素は原液15gを1袋ずつ小袋に小分けしています。そのため、他の酵素ドリンクのように計量カップで計って飲む手間がありません。

また、飲む生酵素1杯当たりのカロリーは18.15kcalです。置き換えダイエットやファスティングダイエットをする場合は、カロリー制限の効果は大きくなります。

飲む生酵素にはその他にも香酢濃縮混合粉末とL-シトルリンが配合されています。

香酢は健康維持のために飲むことでよく知られている成分です。L-シトルリンには血管を広げる作用があると言われています。

飲む生酵素の難点としては、甘味料としてスクラロースが配合されていることです。

スクラロースはノンカロリーの清涼飲料水によく配合されている成分ですが、健康に対してはあまり良い影響を与える成分だとは言えません。